スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館一人旅物語・3話<トラピスチヌ修道院>第2章

  • CATEGORY函館
  • PUBLISHED ON2008/ 06/ 14/ 14:35
  • COMMENT0

<PentaxK100D-sp/SIGMA80-200/F3.5/>

この日のことを思い出すと・・・
懐かしく甘く・・切なく・・・・ちょっとだけ胸が痛むと同時にうれしさがよみがえる。

ここでお祈りをしたかった・・・と後で思った。

でも、その時は沢山の人の中、限られた時間の中で・・
写真を撮る事だけで精一杯だった。
多分・・・・・
ここでのお土産を1番沢山買った気がする。


朝、3:30に起床し、夜7:30に就寝する生活を送る修道女たち。
祈りで始まり、祈りで終わる。

そんな生活に・・・・浮世離れしたすがすがしさを感じつつも
あこがれたりする私は・・・やっぱり・・・ちょっと変だろう。

PCも携帯も、そして写真も・・・どれも今の私には大事なもの・・・
だけど・・・・本当に大事なものは・・・・
ごくごく・・・少しの事で、些細なことで、目には見えないものだと言う事を・・・
きっと気がついてる人は多いはず。

2008-0508-v.jpg

(どちらが好き?・・・・決めかねて・・・2枚をUP)

----------------------------------------------------

■京卯子にコメントを贈ってくれる、奇特な方へのお返事は以下に(^^)■



■MAAちゃんへ
いつもコメントありがとう!あんな写真で伝わった?
だとしたら・・・MAAちゃんは感性が豊かなんだね・・どうもありがとう。
本当に・・・どうってこと無さ過ぎだったな~って思って・・送りそびれてしまいました。
大きなお世話だな~って思うような事に真剣に気になってしまう京卯子は相変わらずのままです(笑)ちゃりのおばさんは元気だな~~~と思いながら風邪から病み上がりの私は
私も気張って行かなくちゃ!って思いました。まぁでも、そこは体という乗り物があるので
まぁまぁ・・ほどほどにね(笑)お互いに良い週末とないrますように・・・・あんあん・・・いつもMAAちゃんが言ってくれるまね(^^)

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。