Welcome to my blog

♡紡ぎうた♡Pooちゃんずと徒然

ARTICLE PAGE

6月下旬のGreetingの記録(一部移動)

2008-0609-g.jpg

Topのたわごとが長いので記事に下ろしました(笑)




近頃の風潮。個人主義もほどほどにしないと・・って懸念を感じています(個人の主観です)
人はみんな孤独ですよね?きっと根っこは孤独。その、本来の本当の意味での「孤独」に気がついて。それを正面から受け入れて行こうと思った人から順に、きっと強く優しく生きて行けるようになるのではないかと思います。
だからこそ・・集まって助け合いたいものなんじゃないでしょうかね?
でも、今は自分も含めてネットの中には、それこそ色々な人が存在しますが・・・
身の回りをぐるりと見回して、ネットの中ほど色々な個性の人が居ないような気がしませんか?
私はもっと現実にも色々な人が居て良いんじゃないかと思います。
色々な人が居れば、それだけ逃げ場が広がります。
家族も学校も・・・社会全体が、逃げ場が少なくなって狭い世界で息苦しくなってる気がしてなりません。
子供も大人も家庭は核家族、学校は小さなグループ単位、会社も人件費削減で小さな集まりと・・・何だか便利で自由になった様な、負担が増えてるような?・・・だからネットに逃げ場を持つ人が増える・・・?・・・・でも、昔はネットなんて無かったですよね?
現実で生きてるのだから、現実の中での逃げ場は、やっぱり現実の世界で趣味や人間関係や人との関わりの中で作って行かなくちゃ・・・と、そうは言ってももうこれだけ普及してしまってるのだから、これからは、ネットをどう上手く使って人間関係を築くための道具として利用してゆくか・・・って事が大事かもですよね
小さな身の回りの世界にこもらず、ネットの中でもリアルな人間関係を感じて居て欲しいな~って思います。そしたら、それは・・・現実でしょ?・・・・沢山でなくても良いから、自分にとって逃げ場となる人脈を開拓して行くことは大事な事で、自分で世界も人脈も広げられない狭い社会で生きてる小さな子供には、どうか出来るだけ、親が子供の世界を広げて上げて欲しいな・・と思います。

知り合った誰かが、誰かにとって厄介な存在でも、でもその反対側で誰かにとって逃げ場となって助け合える。
頑固な人が居たり穏やかな人が居たり・・・怒りっぽいけど生真面目な人や物腰軟らかだけど厳しい人等・・・自分にとって必要な人材を傍に置く為の開拓や(努力は惜しまずやった方は生きていく上で助かるし、生き易くなるし、完全な孤独を少しは回避できる気がします。

みんな誰かにとっての逃げ場であり、そして誰かにとっての厄介者でいいんじゃないかな。今は家族が少ないから、昔のような大家族の感覚で、近所の人や身近な人、知り合った人、出会った人と関わっていけたらと思います

0 Comments

Leave a comment