スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日の桜\雑感・人物をBlogに載せることへの抵抗

  • CATEGORY花・木
  • PUBLISHED ON2010/ 05/ 22/ 23:10
  • COMMENT0

2010-0515-g.jpg

幹に咲いてる桜が 何だかハート型に見えて(*^^*)
ね? なんか・・・そう見えません?

もっとその部分を大きく写したかったのだけど・・
望遠は持ってなかったの…((^_^;)残念。
桜を撮りに行って 望遠が無い?・・ってお思いかもしれませんが

全部のカメラに合う望遠を持っておりません(TT涙
このカメラでは ここまでが限界でした。

何とかE-P1をコンデジ使用から一眼使用に脱却させるべく
奮闘しております。

デジラルは 色々な機能が付いてて便利だけど
それを使いこなす私が居ない~
私は何だか アナログ使用に出来ています…((^_^;)

でも 頑張ります。
そして、まだ私の都合とお店屋さんの都合が合わなくて
フイルムの桜は 現像に出したまま 撮りに行けてません。
すごく楽しみのようで 実は怖い。

この頃 思うのは
デジタルは 手元で 自分で現像まで仕上げてるような気分になること。
だから すごく細かい事まで気になって 疲れてしまう。

私は フイルム選んでる方が向いてるのかも。





いや・・・弱気になってはイカンイカン!
折角 大枚はたいて 自ら手に入れたのだから・・とことん頑張ります。

2010-0515-j.jpg

最近、ちょっと考えてる事があります。
色々な人の 様々な様子を撮りたいな~って思うこと


前は、結構 気にしないで 面白い様子 がっかりな様子
風景だけでは飽きてしまって
人物を入れた写真を撮るのが楽しかった時もあったの

誰かを 特定できないようにだったらいいかな?と
気をつけて 撮って載せてたけど
それって・・やっぱりBlogとかに載せていいものかな~って
改めて考えさせられる 娘チャンとの話がありました。

ネットが普及してBlogも誰でも見るようになって
軽々しく人の写真を載せてはいけない!といわれました。

そう・・それで考えてみたんです。
もし自分だったら・・・って。
知らない所で誰かがこっそり望遠で撮ったとして
それをBlogとかで 載せられる。
それを その人が悪用しなくても
色々なBlogを見て回って 悪用しようとする人が居るのも事実。

すごく嫌だな考えかもしれないけど・・
でも、それは 目をそらせられない現実。

私ごときはいい。でも、子供やお年寄りの写真は まずいと思う。
子供やお年寄りを狙った犯罪は 悲しい事だけどマスマス増えてるし
そうした 悪巧みをしている人達の 片棒を担ぐような
便利に使われてしまうような ・・
知らないところで 悪用されたりするのが とっても悲しい。

人物の写真を載せるときは、例え他人でも 
ちゃんと 許可を取ったものに してほしいです。

ちょっと警笛を鳴らしたい気持ちなってしまうんです。
  
最近は、私自身も孫チャントと一緒の時に
何処かで 誰かに カメラを向けられてるのに気がつくと
ちょっと怖い。慌てて逃げる。
でも 望遠とかだと 気がつかないうちに撮られちゃうわけでしょ?
すごく嫌だな~って思います。

もしかして勝手にBlogとか載せちゃうの?
私達親子は どのくらいの大きさで撮らちゃったのかな?と気になります。
人が沢山居る公共の場所で
人物が入った写真は どんなに写りが良くても楽しくても
それは個人で楽しむもので 公に発表するのはどうだろう。

どんなに良く撮れた物でも ただ自己満足の私欲の為に
Blogには載せない・・と私は決めました。
その人の許可や著作権、プライバシーを侵害するような
事はしないようにしなくちゃ・・・と思うようになりました。

それでも、道行く人々の様子とか
それさえが 風景と一致してる時や 観光地などでは
人物が入らないようにすることが難しい時もあるし

絶対人物がよくない・・ということではなく
風景の一部の人物と、人物を影から狙ったものとは意味合いが
天と地ほど違う気がします。
だから、Blogに載せるときだけは
人物は 風景の一部なのか
人物が 主役なのか・・
良く選んで 選んで 気を使うようになりました。

そう思うようになったのは 去年くらいからで
娘ちゃんやその周りの お母さん達が
どれだけ 怖がっていて 真剣な思いなんだ・・と知ったからです。
今まで 私は 軽く考えすぎてたと思いました。

そういう危険を あまり近くに感じた事がない人や
楽観的な人も多いのかも知れないけど。

パソコンも 一家に1台とは言わず 2台とかの昨今・・
携帯からも 簡単にネットに繋がる。
見る便利さの反面、見られる怖さの可能性もマスマス広がってゆく。

写真を撮る人の思いやりというか
Blogやってる人の 写真に関するマナーというか
そういうの 改めて考えた出来事だったのです。
子供が犬の散歩してるのとか・・可愛いかもしれないけど
でも、その子が 他人の子だったとしたら 気の毒になります。

子供の写真は 撮りかたによって 見ていてハラハラしてしまいます。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。