Welcome to my blog

♡紡ぎうた♡Pooちゃんずと徒然

ARTICLE PAGE

ゆめ


今朝は、偶然にも…
まさに…インプレッションそのものでした。


外人さんに道を聞かれ、説明する私。

エンジェル通りをずっと真っすぐ進むと
T字にぶつかるので、そしたら左に道なりに進むと
国道12号線があるので、それを越えて
その先にある太い道を…


…とそこまで説明したが、上手く身振り手振りで伝わらず。

近くに居た仲間が、その国の言葉を片言話せると言うので
何で、早く言わないのよ~と突っ込みを入れつつ
通訳を頼んで説明してると

良く知らない若い女性が現れて
うっすらと何だか解らない微音が聞こえたかと思ったら

突如、大きな津波が押し寄せて
とても避けられるとか逃げられるレベルではなく

何故か、龍馬になった福山雅治と一緒に津波に飲み込まれ

海に沈んで息が出来なくなり…
あぁ…これで死んでしまうんだな~まだまだ苦しいんだろうか~


……と、思った時に、小さな小さな、微音が次第に大きくなり

ハッキリと聞こえた時には、それは電話のベル音でした。


ボーっとしながら、起きて電話を取ったら…
そうゆう時に限って、出ると切れてしまうんですよね。

決まって、切れるんですね。


起こすために誰かが架けたんじゃないかと思うくらい…


昨夜、寝る前に【 龍馬伝 】を見て
その後、放置してたら WOWOWで映画をやっていて
それが、海の側の港町の映画だったから

合体されて 『 ゆめ 』に組み込まれてきた気がします。


まさかの、まさに…インプレッションな夢ってこんな感じで
尚且つ、自分で 夢…と自覚してたら
もっと面白かったかも。

ゆめの中で、これは『 ゆめ 』なんだから…と自覚してる時もあるんだけど

そんな時は、目覚めるためにあらゆる手を尽くすけど
ゆめの中で目覚めたら、まだそれも、ゆめの中の出来事だった…と言うこともある。


私はいつも、死んでしまうのは怖いから
死にそうになると避けるから目覚めないのかも。

でも…ゆめの中でも潔く死ぬことは難しく
私独自の、ゆめと現実を区別する方法を持っていて

その暗号を繰り返し念じると、ゆめなら、絶対に現実に戻って来れる。
その暗号だけは、忘れない。

自分で、もうこれ以上
このゆめの中には居たくない…と思ったら
それを繰り返し念じる。

ゆめ…不思議。

どっちが本当の世界か解らなくなる時があるし。

目覚めてからも、今生きてるこの世界での出来事がゆめで
ゆめの中が私の生きてる場所だと思える時も多々あるし(^-^;


やっぱり…私は 少し変なんでしょうかね…。


潔く死ぬのも、目覚める手段に使えると実感。
でも、目覚めた時、ハッ…として
心臓がバクバクしながら目覚めるのは気持ち良くないから
出来れば避けたいかな。




0 Comments

Leave a comment